sirorisona8

アクセスカウンタ

zoom RSS カフェ・ソサイエティ(Cafe Society)

<<   作成日時 : 2017/05/08 15:12   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 身内にややこしい人間がいても問題ないというところが米国的です。
 監督(ウディ・アレン)は、やはり、NYとユダヤにこだわりがあるようです。
 一昨年秋の「アデライン、100年目の恋」とは違い、ブレイク・ライブリーは、あまり重要な役回りではありません。助演はクリステン・スチュワートの方で、昨年の「エージェント・ウルトラ」同様、ジェシー・アイゼンバーグとのコンビです。
 一昨年春に観た「マジック・イン・ムーンライト」と同様、1930年頃の雰囲気に浸る感じです。
画像




 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

カフェ・ソサイエティ(Cafe Society) sirorisona8/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる