sirorisona8

アクセスカウンタ

zoom RSS バーニング・オーシャン(Deepwater Horizon)

<<   作成日時 : 2017/04/29 06:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 炎上シーンが大迫力です。こちらまで熱く感じる程です。
 「ラ・ラ・ランド」同様、香港資本(TIK Films)が参加していて、金がかかってます。
 監督(ピーター・バーグ)、主演(マーク・ウォルバーグ)のコンビで、実話というのは、14年に観た「ローン・サバイバー」と同じです。本作の方がずっと派手ですけどね。
 撮影監督(Enrique Chediak)は、13年に観た「RED/レッド リターンズ」と同じです。
 実話を再現する映画の場合、主演は、あまり個性が強くない方が向いているんでしょう。本作でも主任(カート・ラッセル)やBP社の管理職(ジョン・マルコビッチ)の方が存在感があったような気がします。
 それにしても巨大石油メジャーの事業の桁違いの大きさの一端を実感します。この事故の賠償に関する映画が15年に観たニコラス・ケイジ主演の「コンテンダー」だと思い出しました。
 石油まみれの鳥を洗剤で洗っていたニュースの詳細を、数年後に映画鑑賞で多角的に知る結果となりました。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

バーニング・オーシャン(Deepwater Horizon) sirorisona8/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる