sirorisona8

アクセスカウンタ

zoom RSS マリアンヌ(Allied)

<<   作成日時 : 2017/02/10 16:27   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 恋愛ものや湿っぽいのは苦手なんですが、スパイものが絡むというので観に行きました。結構見応えがあります。
 事の真偽を自身の手で確かめたうえ、酒場ではっきりさせるのがクライマックスですが、最後の方でも泣かせます。
 マリオン・コティヤールは、昨年5月の「マクベス」以来ですが、本作でも生き生きと巧みに演じてます。
 ブラッド・ピットも、いい人の役柄がぴったりはまっています。
 脚本のSteven Knightは、昨年6月の「二つ星の料理人」、14年6月の「ハミングバード」と同じですが、どの作品でも、男女のかかわりを独特の味わいで描いています。
 また、ベビーシッターの豹変ぶりは、感心する程ですね。
 結局、怪しい女には近づくなということなんでしょうが、大いに近づいた結果の興味深い作品でした。
画像
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

マリアンヌ(Allied) sirorisona8/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる